アスリートも作用前には必ず行っているストレッチ

僕は毎朝ストレッチングをしています。
朝方起きたら間もなく、布団の上で始めます。
寝入ると本当に肩や手、乗り物が硬くなっていて、朝方起きたときに痛さや動きにくさを感じることはありませんか?

朝からボディーが軟らかにはたらくようにストレッチングを通しておくと、心境も晴れやかになります。
ボディーが手強いという不愉快感覚も出てきますが、ボディーがスムーズに思うように動けば、すがすがしいですし不愉快感覚になりませんよね。

私のストレッチング戦術は、一層脚を180度に変わり、乗り物の裏を考えるようにして脚全体の筋肉を伸ばします。

次に片手を乗り物の指先に張り付くように伸ばし、共々体躯を曲げて筋肉を伸ばします。
ブレスを吐きながら体躯を曲げるという、ますますやりやすくなります。
これを筋肉が伸びた!と感じるまでやります。

あまりのストレッチングが、猫がプラスをしているようなブレイクタイムだ。

意外と両手と両膝をつき、四つんばいのスタイルになります。
そうして背中を丸く曲げて、猫のようにぐーっとプラスをします。今度は背中が一段と反るような感じで伸ばしていきます。

最後はそのままの体勢で両手を前に突き出し、手全体を階層に塗り付けるような感じで、お礼のブレイクタイムをします。
こういうブレイクタイムは、背中一切が伸びて心地よいですよ。
ボディーが硬くなっているときは、背中がポキポキッという音が鳴るときもあります。

僕はこれを毎朝布団の上で、ボディーが軟らかくなるまで行います。
それで日によって時間は変わり、半ぐらい行っているときもあります。
私も以前はボディーがごつく、体躯を曲げてもつま先に仕方が届きませんでした。
ですが、こういうストレッチングをするようになってから、1週間もしないうちにつま先に手が届くようになりました。

アスリートも作用前には必ず行っているストレッチング。
思いっ切り練習し、体の作用を高めている面々も大切にしてあることだからこそ、ストレッチングはこれからもずっと続けていきたいだ。フルーツ青汁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です